小児歯科

お子様の歯科治療

お子様のお口周りを常に健康に保つためフッ素塗布やシーラントなどを行っております。
シーラントとは奥歯の溝に詰めることによってフッ素を放出する材料です。もちろん健康保険対象内の治療であり、歯も削る必要がありません。生えたての歯は虫歯に対して無防備な状態です。

私たちとお父さん、お母さんが協力して積極的に、お子様の歯を虫歯から守ってあげることをお勧めします。
また、大人同様、正しいブラッシングや口腔ケアの指導を丁寧に行い、幼い時からしっかりとした歯ブラシの習慣を身につけることはお子様にとって一生涯にわたりとても有益なこととなるでしょう。
尚、治療はお子様が当院に十分に慣れてから行いますのでご安心下さい。

また、虫歯予防に効果のあるフッ素塗布やシーラントなどお気軽にご相談下さい。


お子さまにも安心「小児向け歯科診療支援ツール」

器具は滅菌・殺菌後、個別にセット

当院では、小児向け歯科診療支援ツール「スマイルタッチ デンタル」を導入しております。
タブレット型の端末で、手に取り易く、分りやすいアニメーションで治療の説明、お口周りの知識などを知ることができます。
これによって、お子さまの歯科治療への理解を深めるのみならず、実際の治療についても「怖い」といった不安を取り除くことができます。

フッ素塗布

歯質を強くしてむし歯に対する抵抗性を高めることのできるものは、現在のところフッ素だけしか分かってません。 むし歯を予防するうえでのフッ素の作用は次のものがあります。

  1. フッ素がエナメル質(歯の表面の層)にふれると、エナメル質の結晶が硬く強いものに変化し、むし歯の原因菌に対する抵抗性が高くなります。虫歯になりかかった部分には、フッ素が取り込まれ易く、その部分を修復する現象(再石灰化)を促し、むし歯の進行をおさえます。
  2. フッ素の作用は歯に対するものが主体ですが、口の中の環境にも作用します。むし歯は、むし歯の原因菌のつくり出す酸によって発生しますが、フッ素はその酸をつくり出す原因菌の働きも弱めます。

以上のフッ素の働きにより、歯はむし歯になることから守られます。

シーラント

シーラントとは、奥歯の溝を薄いフッ素入りのプラスチックで塞ぐむし歯予防法です。
奥歯の溝は複雑な形をしているので、歯ブラシの毛先が入らず、そのために毎日歯磨きをしていてもむし歯になってしまうことがありますが、シーラントで奥歯の溝を塞ぐことにより、奥歯の溝のむし歯を防ぐことが可能です。

歯並びの治療(矯正)ついて

当院では、お子様の歯並びに対して、初期の矯正(床矯正)を行っています。
下顎前突に対しては、小さいうちに正しくかめる様にムーシールドをおすすめしています。

また、難しい症例に対しては矯正専門医をご紹介させていただきます。


ムーシールド

ムーシールドは乳歯列期に受け口(反対咬合)を改善する装置です。 乳歯列期に治療を行う事によって正常な顎骨の成長発育の促進及び、永久歯の正しい生え変わりを期待します。 寝ている時にムーシールドを装着する事により舌や口腔周囲筋の状態が整えられ、反対咬合が改善します。

費用

  • 床矯正:70,000円(税抜)~
  • ムーシールド:35,000円(税抜)

乳歯の抜歯について

乳歯が抜けていないのに永久歯が生えてきてしまった場合は歯並びを悪くしてしまう原因となります。
おそらく普通では乳歯が抜けてから永久歯が生えてくると思われているかと思います。
しかし乳歯の生え変わりは自然に生え変わらないことも多く、実は乳歯の生え変わりの時のトラブルが永久歯の歯並びに影響することもあり、抜歯が必要な場合もあります。

乳歯の生え変わりの時のトラブルと対処法について

乳歯が揺れているときに下から永久歯が生えてきた

乳歯が揺れていればそのまま経過を見ます。なるべく自分で揺らして抜けるように手助けしてください。だだし、噛んだ時に強く痛みが出て食事もとれないような場合は抜歯をしたほうがよいです。
特に下の歯の前歯に起こりやすく、乳歯が抜ければ裏側から前に移動します。

乳歯が揺れているがずっと抜けずに残っている

これは奥歯に起こりやすいです。乳歯の根は2本あり、永久歯が斜めに生えてくると片方の根が溶けずに残ってしまい、揺れているがなかなか抜けないことがあります。
この場合も抜歯をする必要があります。乳歯が抜ければ永久歯は正しい位置に移動することが多いです。

乳歯がまったく揺れていない

乳歯がまったく揺れていないのに永久歯が出てきてしまう場合もあります。
骨の中で永久歯の位置がずれて、乳歯の根を溶かさずに出てきてしまうことが原因です。
こちらも抜歯をする必要があります。乳歯を抜歯すれば永久歯は正しい位置に戻ります。