歯科口腔外科

主に親知らず等困難な抜歯や外傷の処置の他、粘膜疾患や顎関節症治療、インプラント部位骨造成処置なども含まれます。

親知らずの抜歯について

歯科口腔外科では、親知らずの抜歯などを行っております。
ただし、治療が困難な親知らずと判断される場合、より適切な医療機関などへのご紹介も行っております。

顎関節症について

症状としては、顎がなる、口が大きく開かない、顎が痛いといった症状があります。
治療法として、専用に型取りをしたマウスピースを装着し、徐々に症状を緩和させて行きます。

尚、特別な治療や手術が必要な場合(顎関節の骨の病気、関節円板周囲の組織にダメージがあるなど)には専門医療機関へのご紹介も行っております。