口臭外来

口臭のタイプ

真性口臭症

生理的口臭

自他ともに気がつくタイプの口臭です。
口腔内が清潔でない状態で、以下の様な条件が重なった場合に起きます。

  • 朝起きた時
  • ストレス
  • 緊張時
  • 寝不足時
  • 女性では月経時
  • 加齢 など
病的口臭

本人には自覚がないことが多く、周りの指摘で気がつくタイプの口臭です。
虫歯や歯周病などが原因となる口腔疾患由来と、胃などの消化器疾患、シェーグレン症候群、鼻疾患、糖尿病、腎臓病、尿毒症などの全身疾患由来のものがあります。

仮性口臭症

本当は口臭がしないのに「もしかして口臭がするのでは」と気にしてしまうタイプです。但し口腔異常感症である可能性があります。
いわゆる不快感とよばれるもので「口の中がネバネバする」「べとべとする」「口の中乾く」「ざらざらした感じがする」「口の中に異物感がある」「苦い・すっぱい」などが挙げられます。

口臭恐怖症

他人のしぐさに非常に敏感になって、自分の口臭を極度に恐れて心配するタイプです。
仮性口臭症との線引きが難しいところですが、一応分類されます。