入れ歯(義歯)

当院の入れ歯(義歯)治療

入れ歯が痛くてうまく噛めない、入れ歯が合わなくなってきたというお悩みをもつ患者様が多いのが現状です。
そこで当院ではしっかり噛めて痛みのない入れ歯の製作・調整を行っております。

留め金の無い入れ歯(ノンクラスプ義歯)

部分入れ歯の金具が見えてしまうという欠点を、柔軟性のある特殊な樹脂を用いることにより金具を使わずに、周囲から入れ歯であることが分からないように改良したのがこのノンクラスプ義歯(デュラフレックス・バルプラスト)です。

ノンクラスプ義歯(デュラフレックス)の特徴

審美性

口を開けて見える前歯・小臼歯までを鉤歯(バネをかける歯・維持歯)とする場合は、ウィング(従来の部分入れ歯でいうとバネの部分)はクリア色なため歯肉になじみ、より自然に見えます。

耐吸水性

水に浮くほど吸水性が極めて低いので劣化しにくく、色素新着による変色や汚れの付着が少なく衛生的です。

柔軟性

非常に柔らかく上部でしなやかな素材なので、深いアンダーカットの症例で使用が可能です。また床が薄く装着感が良いのが特長です。

適合性

専用の射出装置にて熱収縮を小さく抑えられるため適合性がよいです。

安全性

アメリカで約7年の臨床実績があり、アレルゲンや中毒物質に関する試験をクリアしています。

耐久性

半結晶構造をしており、柔らかいのに強靭で破折しにくい。

ノンクラスプ義歯のメリット・デメリット

メリット
  • 金属の留め金がないので、目立たない
  • 金属の留め金がないので、残った歯に負担をかけない
  • 歯茎にジャストフィットし、違和感がない
  • 弾力性の高い素材で壊れにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
  • お餅やガムがつきにくい
  • 薄い仕上がりで食事が楽しめる など
デメリット
  • 保険が適用されないので、治療費がかかる

症例


『ノンクラスプ義歯装着前(左)/装着後(右)』

費用

バルプラスト

  • 1~3歯:160,000円(税抜)~
  • 4~9歯:185,000円(税抜)~
  • 10歯以上:215,000円(税抜)~

デュラフレックス

  • 1~3歯:170,000円(税抜)~
  • 4~9歯:195,000円(税抜)~
  • 10歯以上:225,000円(税抜)~

ノンクラスプ義歯のよくある質問と患者様のお声

Q. ノンクラスプ義歯はバネがないけど、落ちてきませんか?

A. 大丈夫です。落ちてきません。

【患者様のお声】T様 男性(61才)

作ってもらう前は物を食べると落ちてしまうのではないかとか、細かな物が中に入ってしまうのではないかと思っていました。
でもその様なことはなく、見た目も自然な感じであり、全く違和感がありません。
硬いものも普通に食べることができ満足しています。


Q. ノンクラスプ義歯は作った後、他の歯がダメになったらもう使えなくなるのですか?

A. 大丈夫です。使用している義歯に歯を足す事ができます。

【患者様のお声】C様 女性(65才)

5年程前に作って頂いたノンクラスプ義歯に歯を1本足してもらいました。
それまでは3本だったのですが、1本を抜歯して使っている入れ歯に歯を足して頂いて、今も安定して歯に負担もなく使っており、満足しています。

保険適用の入れ歯(レジン床義歯)

レジン床は後述する金属床に比べ、材質の全てがプラスチックで構成されるため、強度が劣るという弱点があります。

レジン床義歯のメリット・デメリット

メリット
  • 保険適用の為治療費が安い
デメリット
  • 強度の点で金属床よりおとる
  • 食事などで、冷たい熱いなどがわかりにくい
  • 装着部分(床)に厚みがあるので違和感がある

食事が楽しめる入れ歯(金属床義歯)

金属は強度に優れているため、薄く処理出来るというメリットがあり、これはレジン床で見られるような「話しにくい」という欠点を大幅に改善出来ます。
また、金属の熱を伝えやすいという特性は、温かいものは温かく、冷たいものは冷たく頂けるといったように食事が美味しく頂けるようになります。

金属床義歯のメリット・デメリット

メリット
  • 強度が高い為壊れにくい
  • 装着部分(床)が薄いので違和感が少ない
  • 食事などで、冷たい熱いなどがわかる
デメリット
  • 金属アレルギーの方には不向き

費用

  • コバルト クローム:270,000円(税抜)~
  • チタン:300,000円(税抜)~

ソフトレジンの入れ歯

外見は普通の義歯(入れ歯)と変わりありませんが、歯肉に接する面に軟らかい特殊素材(ソフトレジン)を使用しています。

ソフトレジンのメリット・デメリット

メリット
  • ソフトな感触で痛くない
  • 装着感に違和感がない
  • 痛くなくよく噛める
デメリット
  • 定期的なメンテナンスが必要で手間がかかる
  • 食事などで、冷たい熱いなどがわかりにくい

マグネットを用いた入れ歯

抜かずに残った根に磁石を埋め込み、磁力によって吸着を計ったものがこのマグネット義歯です。周囲から金具が見えないというメリットがあります。

マグネット義歯のメリット・デメリット

メリット
  • 装着や取り外しが簡単で手入れが楽
  • 小さくても強力で入れ歯が落ちたりせず食事や会話が楽しめる
  • シンプルな構造でメンテナンス性に優れている
デメリット
  • 磁性金属を接着する歯は神経のない歯でなければならない
  • そのために、時には神経を便宜的に取る必要がある
  • MRI(磁力を使った断層撮影装置)などの検査の際に義歯をはずす必要がある
  • 心臓ペースメーカーを使っている方には使えない